So-net無料ブログ作成
検索選択

お料理のエプロン [日記]

最近、時間がある時、母から料理を教わるようになりました。
私も母の味付けは美味しいし覚えておきたいと思っていました。

ただ、母の味付けは目分量なので、なかなか同じ味にはならない。
母が使っているお料理の本には、サラダ油大さじ1、砂糖大さじ2、
醤油大さじ3などと書いてあり分かりやすくかかれてますが、
母とは同じ味にはならない。

母にお願いして、作り方をノートに書いてとお願いしたのですが、
自分で見て覚えなさい!って言われました。

目分量だと私が作ると、どうしても味が毎回変わってしまいます。
何が違うんだろうなって、母が作ってるのを傍で見てますが、
適当に味付けしてようにしか見えません。
でも、いつも同じ味なんですよね。

しばらくは母に教わりながら、母の味を覚えようと思います。

母から貰ったエプロンです。
page.jpg
かわいいエプロンです。
 
母は、家事の時には必ずエプロンをしています。

汚れなどを防ぐためだそうです。
 
page2.jpg
 こんな感じで、花柄の刺繍がかわいいです。
 
page3.jpg
横からと後ろから見た感じです。
 
母は、朝起きるとスリップの上からエプロンを着けます。
 
私も母も、この季節になると、
 
お家で過ごす時は、お洒落にスリップを楽しんでいます。
 
このエプロンもかわいくてお洒落なので、
 
もしかしてっと思って、
 
試しにスリップを脱いで着けてみると、
 
これが結構、
 
女性のセクシーな魅力を引き出してくれます。
 
ただ、欠点は、後ろから見ると下着が丸見えです。
 
 
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 2

コメント 4

はやぴー

こんにちは。はやぴーです。
ブログ再開に嬉しくなってコメントしました。
ブログを開くのが楽しみで仕方ありません。
だって毎回女子力が高くなっていくのがわかりますから。
外見的にも内面的にも既にほぼ女性なのでしょう。
この分だと、いずれ会社の同僚とか、ひろみさんが戸籍上も女性になるのを期待する男性も出てくるのではないでしょうか。
もちろん「お嫁さん」にするために。
by はやぴー (2016-05-30 08:05) 

Bustie

お久しぶりです。ボード復活ありがとうございます。お元気そうでなによりです。

前回のメッセージにありましたように、乳房が大きくなられたとか…。羨ましいです。エプロンをなさって胸元が窮屈ではないでしょうか?

エプロンの胸元は、いろいろなサイズにあわせて作られていないでしょうから、乳房か大きくなるとサイズにあったエプロンがないのでは?

余計な心配をしてすみません。余計なお世話ですよネ。
by Bustie (2016-05-30 16:10) 

ひろみ

はやぴー様、コメントありがとうございます。

まだまだ、再開には至っていません。
日々、私のブログを見てくださっている方がいるので、
少しは、更新しなければと思って・・・。

外見は、どこから見ても女性に近いと思ってますが、
内面は、まだまだです。

どうなのかは、分かりませんが、
ほぼ会社内や同僚、顧客様からは、女性として見られ
女性社員として扱われています。

親しかった同僚達も、以前は、仕事帰りによく飲みに行ったりしてましたが、
最近、ちょっと距離を置かれ、誘われなくなりました。

どうも、傍から見ると仲の良いカップルに見られ、付き合ってると
勘違いされてたりしてたみたいです。

一度だけ同僚(女子)から○○さんと付き合ってるの?って聞かれ、
えっ!て驚きました。

そんなこともあって、職場では成るべく男性とは、
親しく接しないように気をつけるようにしました。

そうなると、どうしても女性同士の人間関係になってしまい、
男性社員や同僚とは仕事だけの関係になってしまいました。

長々となりましたが、そんな感じです。
by ひろみ (2016-05-31 21:41) 

ひろみ

Bustie様、コメントありがとうございます。

まだまだ、再開には至っていません。
日々、私のブログを見てくださっている方がいるので、
少しは、更新しなければと思って・・・。

私のエプロンは、大きめなサイズなので、
そんなに窮屈ではなく、ゆったりとしてます。

m(_ _)mさい。
詳しくないので、どうなのかは分かりませんが、
いろいろなエプロンがあるんだと思います。

by ひろみ (2016-05-31 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: